妊娠して一番びっくりした意外な身体の変化

私が妊娠して一番びっくりしたことは動悸、息切れがひどくなるということです。誰しも感じることではないかもしれませんが、産婦人科の先生に聞いたところ、妊娠すると体内の血液の量が増えるそうです。それにより動悸、息切れを感じる場合があるということです。

 

私はつわりがなかったので、むしろ動悸、息切れが妊娠初期に気になって仕方ありませんでした。多くの場合はつわりが起こりますし、つわりがあったらそれどころではないので、あまりメジャーな症状ではないのかも知れません。

 

インターネットで検索してもあまり参考になる話は見つかりませんでした。しかし、妊娠に気がついてわりとすぐから動悸、息切れは起こりました。妊娠したというより、何か心臓の病気になったのかと思うほどでした。動悸、息切れがすると、今までのペースで歩くことが難しくなりました。通勤で毎日何でもなく歩いていた道のりがとても遠く感じ、なかなか職場に辿り着きません。

 

駅の乗り換えで歩いていても、改札に辿り着くまでに次の電車が到着し、多くの人に追い抜かされて行きます。最初はこのように体が動かないことにもどかしさも感じましたが、胎動がないうちは妊娠の実感も今一つでしたので、この症状が赤ちゃんのいる証なのだと思って妊娠初期を過ごしていました。

 

AFC クリーム

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です